少子化考・世界の現場から

米、広がる卵子凍結(その1) 働く女性「将来の保険」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
卵子凍結に向け卵巣を刺激するためのホルモン注射を打つエイミー・グエンさん=2020年11月、本人のインスタグラムより
卵子凍結に向け卵巣を刺激するためのホルモン注射を打つエイミー・グエンさん=2020年11月、本人のインスタグラムより

 生殖補助医療は本当に女性にとって福音なのか。例えば卵子凍結。女性の卵子の老化という「生物学的時計」を止め、出産時期を遅らせることで人生設計の幅を広げると期待される。米国では、大手IT企業を中心に、生殖補助医療の費用を社員に補助する動きが広がっている。だが、こうした技術に私たちはどこまですがっていいのだろうか。

 洗面所で自ら腹部に2本のホルモン注射を打つ。注射器を持つ右手は震え、痛みで少し顔がゆがむ。「これを毎晩やらないといけない」「上出来ではないけど、できた」。動画には、こうしたコメントが絵文字入りで書かれている。

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1315文字)

あわせて読みたい

ニュース特集