ソフトバンクG、最終利益80%減 中間決算 投資先株価下落響く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソフトバンクのロゴ=東京都港区海岸1の東京ポートシティ竹芝オフィスタワーで、道永竜命撮影
ソフトバンクのロゴ=東京都港区海岸1の東京ポートシティ竹芝オフィスタワーで、道永竜命撮影

 ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2021年9月中間連結決算は、最終(当期)利益が前年同期比80・7%減の3635億円だった。7~9月期の3カ月に限ると、6四半期ぶりの赤字となる3979億円の最終損失を計上。投資した新興企業の株価下落が響いた。

 記者会見した孫正義会長兼社長は1兆円の自社株買いを行い、株主還元を強化すると表明した。今後、日本の新興企業への投資を拡大していく方針も明らかにした。

 SBG本体や「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」などを通じた9月中間期の投資損益は3952億円の赤字(前年同期は2兆333億円の黒字)だった。投資先である韓国のインターネット通販大手クーパンや中国の配車大手滴滴出行(ディディ・チューシン)などの株価が下がって保有株の価値が減少。最終利益は中間期として過去最高だった前年同期の1兆8832億円から大幅に落ち込む結果となった。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文554文字)

あわせて読みたい

ニュース特集