特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

COP26 9日に閣僚級会合 パリ協定ルールブックなどが焦点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
COP26の会場内=英グラスゴーで2021年11月3日、AP
COP26の会場内=英グラスゴーで2021年11月3日、AP

 英グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は8日、会期後半に入り、気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」の下で温室効果ガス削減を進めるための実施指針(ルールブック)などを巡る交渉が本格化している。9日には閣僚級会合が開幕。ルールブックを完成させられるか、また各国に削減目標引き上げを強く迫る合意ができるかが焦点となる。

 COP26序盤の1、2日には異例の首脳級会合を開催。議長国・英国は会期前半、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電の段階的廃止に関する声明に46カ国・地域が賛同したと発表するなど、有志国による合意を「成果」としてアピールしてきた。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文923文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集