モミジバフウの並木道、秋のグラデーション 京都・桂坂ニュータウン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
見ごろを迎えたモミジバフウの並木道=京都市西京区で、山崎一輝撮影
見ごろを迎えたモミジバフウの並木道=京都市西京区で、山崎一輝撮影

 京都市西京区の桂坂ニュータウンで、色付き始めたモミジバフウの並木道が通る人たちの目を楽しませている。

 モミジバフウは、北中米を原産地とする落葉樹。直径約15センチの葉は五つほどに裂けていて、紅葉の葉に似ている。葉の色は緑からオレンジ、赤などに変わり、木々ごとに個体差があるためグラデーションを楽しむ…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

ニュース特集