9年ぶり金星食 国内の広範囲で観測 月のそばで輝く姿、肉眼でも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 金星が月に隠される「金星食」が8日午後、九州地方の北東部より東側の国内の広範囲で観測された。東京都江東区では、青空の中で白い三日月の傍らに輝いていた金星が午後1時46分ごろからゆっくりと月の暗部に隠され、2分ほどで見えなくなった。そして約50分後、月の明るい側から再び金星が姿を見せ、月のそばで輝く…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文237文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集