リニアトンネル工事でまた崩落事故 作業員が負傷 長野・豊丘村

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 JR東海は8日、長野県豊丘村のリニア中央新幹線「伊那山地トンネル」の工事現場で土砂が崩れ、50代の男性作業員が右足を負傷したと発表した。リニアのトンネル工事では、10月27日に岐阜県中津川市で作業員2人が死傷する崩落事故が起きたばかり。

 同社によると、8日午前8時20分ごろ、伊那山地トンネル本体を造るための作業用トンネル内(地上入り口から200メートル付近)で、掘削面から5立方メートル(約10トン)の土砂…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集