特集

JFE東日本|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会に出場するJFE東日本の紹介です。

特集一覧

第92回都市対抗野球

「県民に勇気と元気を」 知事が出場2チーム激励 かずさ/JFE東 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熊谷知事(前列中央)を囲み、拳を握る日本製鉄かずさマジックの渡辺監督(後列左から2人目)とJFE東日本の落合監督(同3人目)ら=千葉県庁で2021年11月8日、真下信幸撮影
熊谷知事(前列中央)を囲み、拳を握る日本製鉄かずさマジックの渡辺監督(後列左から2人目)とJFE東日本の落合監督(同3人目)ら=千葉県庁で2021年11月8日、真下信幸撮影

かずさ▶「成長する姿見せる」/「昨年の無念晴らす」◀JFE東

 28日に東京ドームで開幕する第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に出場する日本製鉄かずさマジック(君津市)とJFE東日本(千葉市)の選手や監督らが8日、県庁に熊谷俊人知事を表敬訪問した。【真下信幸、柴田智弘】

 南関東第2代表として3年ぶり13回目の出場となる日本製鉄かずさマジックの渡辺俊介監督は「まだ未熟なチームだが、一戦一戦、成長する姿を見せたい」。古巣のプロ・千葉ロッテについても触れ、「ロッテと一緒になって県内を盛り上げられるよう頑張りたい」と意気込んだ。田中健主将は「3年ぶりの出場にワクワクしている。一戦必勝で、挑戦者の気持ちで戦う」と決意を述べた。

 一昨年に初優勝を果たしたJFE東日本は、南関東第3代表として3年連続25回目の出場。落合成紀監督は「ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ昨年は初戦で敗れ、悔しい思いをした。借りを返すべく、地域と一体となって戦いたい」。平山快主将は「昨年の無念は都市対抗の舞台でしか晴らせない。(優勝旗の)黒獅子旗を持って帰り、県内に明るいニュースを届ける」と誓った。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文925文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集