会計検査院 交付税過大請求に「不当」 県、小松島市に指摘 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 会計検査院は5日、2020年度決算の検査報告を岸田文雄首相に提出した。県内では、県と小松島市が対象とならない経費を含めて申請するなどして国から余分な特別交付税を受け取っていたことが分かり、「不当事項」と指摘された。

 報告によると、県は2016~19年度、空き家対策費として国へ特別交付税を申請した。県が支出した対策費のみが申…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

ニュース特集