名古屋入管死 死亡事案の再発防止、元トップ指摘 内部の意思疎通必要

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える元法務省入国管理局長の高宅茂さん=東京都千代田区で、北山夏帆撮影
インタビューに答える元法務省入国管理局長の高宅茂さん=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

 スリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で死亡してから8カ月。かつて入管トップとして外国人の収容にも責任を負っていた元法務省入国管理局長の高宅茂さん(70)は、死亡事案の再発防止に向けて「入管内部での意思疎通の改善」を挙げる。30年以上にわたって入管行政に関わってきた専門家からみた問題点、改善点を語ってもらった。【上東麻子】

 高宅さんは、1981年に法務省に入省。入国在留課長、入国管理局総務課長、大臣官房審議官などを務め、外国人労働者の受け入れ拡大に伴う入管法改正に関わってきた。東京入国管理局長、福岡入国管理局長も経験し、2010年から3年間、入管行政の実質的なトップである入管局長を務めた。

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2326文字)

あわせて読みたい

ニュース特集