【サッカーW杯速報】オランダvsアメリカ、8強一番乗りは オランダリードで後半へ

特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

分類機不具合 ゴム部品の劣化一因か 衆院選・宮崎市選管

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宮崎1区の開票結果確定予定時刻(午前1時)の35分前になっても、分類などを終えて集票台に積まれているのは、投票総数の約6割に過ぎなかった=宮崎市の市総合体育館で2021年11月1日午前0時25分、杣谷健太撮影
宮崎1区の開票結果確定予定時刻(午前1時)の35分前になっても、分類などを終えて集票台に積まれているのは、投票総数の約6割に過ぎなかった=宮崎市の市総合体育館で2021年11月1日午前0時25分、杣谷健太撮影

 10月31日の衆院選宮崎1区の開票作業で、候補者名などを自動で仕分ける宮崎市選管の「分類機」4台に不具合が生じた問題で、市選管は、14日の県議補選宮崎市選挙区の開票で、メーカーから新型の代替機4台を借りることを決めた。従来は票の表裏や天地をそろえる必要があるうえ、1分間の処理枚数は最大480票だが、新型分類機はそろえる手間はいらず、枚数も660票。市選管は機種更新も視野に検討する。

 市選管によると、不具合が生じた4台は2003~07年度に1台約300万円で購入。都内のメーカーから、投票用紙を候補者別の棚に送るゴム製の搬送ベルトについて、「経年劣化している可能性がある」と助言を受けていたため、8月25日にメーカー担当者と共に点検。耐用年数に特に定めはなく、紙を流すテストでは問題なかったうえ、メーカー側も「大丈夫」と言ったことから部品交換には踏み切らなかった。交換には1台約19…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文590文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集