木下都議「深く反省」 なぜ無免許「お話しできない」 批判2000件超

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 7月の東京都議選期間中に無免許運転で人身事故を起こし、自動車運転処罰法違反容疑などで警視庁に書類送検された木下富美子都議(55)が9日、問題発覚以来初めて都議会を訪れ、約4カ月ぶりに公の場に姿を見せた。体調不良を理由に本会議や委員会を欠席していた木下氏は同日正午ごろ、都議会の正副議長と面会し、議員活動を続ける考えを示した。だが都議会は2度、全会一致で木下氏への議員辞職勧告を決議しており、都議らは反発。木下氏が出席予定だった委員会が開かれず、混乱が続いている。

 木下氏は、辞職を求める三宅茂樹議長らに対し、議員を続ける考えを表明。面会後、報道陣の取材に「深く反省しております」と謝罪する一方、「2度の議員辞職勧告決議を大変重く受け止めているが、続けてほしいというお声があることも事実。失われた信頼を回復することは大変厳しい道のりだと覚悟しているが、これからの議員活動の中で答えを導き出させていただければ」として、辞職しない考えを強調した。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1175文字)

あわせて読みたい

ニュース特集