特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

独NGOの気候変動対策ランキング、日本は45位 61カ国・地域中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
各国政府代表団による協議の様子。COP26会期後半は気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」の実施指針を巡る交渉が本格化する=英グラスゴーで2021年11月4日、ロイター
各国政府代表団による協議の様子。COP26会期後半は気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」の実施指針を巡る交渉が本格化する=英グラスゴーで2021年11月4日、ロイター

 独NGO「ジャーマンウオッチ」などは9日、温室効果ガスの排出削減目標など気候変動対策を評価した国・地域別ランキングを発表した。61カ国・地域を対象にした分析で日本は45位(1~3位は該当なし)。5段階評価で下から2番目のグループ(34~49位)だった。2030年度までの削減目標を大幅に引き上げたことは評価されたが、実現の具体策に欠けることなどがマイナス要因となった。

 ランキングは毎年、国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)に合わせて公表されている。国民1人当たりの温室効果ガス排出量▽30年までの排出削減目標▽1次エネルギー供給量に占める再生可能エネルギーの割合――など14の指標に基づき、気候変動やエネルギー問題の専門家の協力を得て分析。今回はベトナムなど3カ国を新たに分析対象に加え、対象国の総排出量は世界全体の9割以上を占める。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文636文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集