ススキの穂 秋風に揺れ 山裾に紅葉も 大分・九重のタデ原湿原

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タデ原湿原を埋めるススキ=大分県九重町で2021年11月7日午後0時1分、津島史人撮影
タデ原湿原を埋めるススキ=大分県九重町で2021年11月7日午後0時1分、津島史人撮影

 大分県九重町のタデ原湿原で、陽光を浴びて輝くススキの穂が秋風に揺れている。周辺の山裾のカエデ類やブナ類などの木々も色付き、大勢の観光客が湿地内の木製の遊歩道で散策を楽しんでいる。

 湿原は、阿蘇くじゅう国立公園内の標高1000メートルにある雨水と地下水で植生が維持されている中間湿原。約38ヘクタール…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文206文字)

あわせて読みたい

ニュース特集