ワイン輸入ピーク ボージョレ・ヌーボー続々、珍しいインド産も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
南インドのベンガルールから到着したワイン=成田空港で2021年11月6日午後4時25分、中村宰和撮影
南インドのベンガルールから到着したワイン=成田空港で2021年11月6日午後4時25分、中村宰和撮影

 成田空港でボトルワインの輸入がピークを迎えている。18日に解禁日を迎えるボージョレ・ヌーボーが10月下旬から続々と到着し、6日には珍しいインド産ワインが空輸された。

 日本航空は初めて、南インドのベンガルールからワイン516本を輸送した。インドやネパール料理店、ワインショップなどで販売される。国内で流通量の少ないインド産ワインは、強い日差しを受けた果実味たっぷり…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

ニュース特集