魅力的な自転車の旅を モニターツアー始まる 名張・奈良東部 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沈下橋を渡りながら自転車旅のコースや撮影スポットを検討する参加者ら=三重県名張市で、久木田照子撮影
沈下橋を渡りながら自転車旅のコースや撮影スポットを検討する参加者ら=三重県名張市で、久木田照子撮影

 名張市や奈良県東部を自転車で巡るコースを考えるモニターツアーが9日、名張市で始まった。国土交通省などは、自然を感じながら走る自転車の旅が、外国人観光客にも人気が高い点に着目。コロナ禍の収束に伴い、外国人観光客が再び増えるとみて、魅力的なコースを作って誘致につなげたい考えだ。

 中部運輸局が旅行会社の協力で計画する自転車の旅。三重、奈良の6市村(名張市、奈良県宇陀市、同県曽爾、御杖、山添、東吉野の4村)でつくる「東奈良名張ツーリズム・マーケティング(ENN)」も関わっている。「東奈良名張やまなみライドツアー」として、距離の…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

あわせて読みたい

ニュース特集