特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

伊吹文明氏「立憲はとんでもないミスをした」 毎日・世論フォーラム

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎日・世論フォーラムで講演する伊吹文明氏=福岡市博多区で2021年11月10日午後1時16分、野田武撮影
毎日・世論フォーラムで講演する伊吹文明氏=福岡市博多区で2021年11月10日午後1時16分、野田武撮影

 10月の衆院選に出馬せず引退した自民党の伊吹文明・元衆院議長が10日、福岡市であった「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で「岸田内閣の今後」と題して講演した。岸田文雄首相が分配政策を重視していることに「元になる経済のパイがなければ分配はできない。『聞く力』だけでなく、対話して説得し実行する力が問われる」と語った。

 10月の衆院選は「自民が政権を失った(2009年の)時と少し似たような雰囲気があった」と指摘。安倍、菅両政権については「やってきたことを誠実に説明していない印象を与え、自民に重荷になった」などと振り返った。それでも自民が安定的に国会運営できる「絶対安定多数」(261議席)を確保した結果に「岸田さんは信任され、自信を持ってやっていくだろう」と期待した。

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文435文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集