ロッテ石川、痛恨の1点 悔しい「好投した負け投手」に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ロッテ】力投するロッテの先発・石川=京セラドーム大阪で2021年11月10日、猪飼健史撮影
【オリックス-ロッテ】力投するロッテの先発・石川=京セラドーム大阪で2021年11月10日、猪飼健史撮影

◯オリックス1―0ロッテ●(10日・京セラ)

 ロッテがオリックスに零封負けした。

 わずか1点、されど1点。ロッテの石川はCSファイナルステージ第1戦で「投手4冠」のオリックス・山本と投げ合い、7回1失点と踏ん張った。だが、手にしたのは好投した負け投手という悔しい現実だった。

 「最初、ちょっと力みすぎた」という一回が痛恨だった。2死一塁で迎えたのは、レギュラーシーズンで13本塁打とロッテ戦にめっぽう強い杉本。警戒し過ぎるあまり四球を与えて得点圏に走…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

ニュース特集