上白石萌音さん「この先も安子が助けてくれる」 NHK朝ドラで主演

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の初代ヒロイン、橘安子役の上白石萌音=NHK提供
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の初代ヒロイン、橘安子役の上白石萌音=NHK提供

 人気と実力を兼ね備えた俳優の上白石萌音さん。連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK総合=月~土曜午前8時ほか)に橘安子役で主演し、好調な滑り出しを見せている。役を演じるポイントなどを尋ねた。【倉田陶子】

 1日に始まった連続テレビ小説は初のヒロイン3人体制。ラジオ英語講座を軸に、母娘3世代の物語を紡いでいく。安子は日本でラジオ放送が始まった1925年、岡山県の和菓子屋で生まれた。14歳になり、英語を流ちょうに話す同級生の兄、雉真稔(松村北斗)と出会った安子は、ラジオで英語を学び始める。「役に没頭する時間がとっても幸せで、温かさと優しさが詰まった作品の魅力を早く皆さんと分かち合いたかった」

 2011年、東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞し芸能界へ。その年の朝ドラ…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

ニュース特集