佐賀大雨 浸水・土砂災害から3カ月 復興の動き、本格化 生演奏で嬉野茶応援 佐賀市でイベント /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会場で募金する子ども(中央)
会場で募金する子ども(中央)

 8月の大雨で茶畑が土砂崩れなどの被害に遭った嬉野市の復興を応援するチャリティーイベント「ReTea(リティー)」が7日、佐賀市呉服元町であった。訪れた人たちは県ゆかりの音楽家3組による生演奏に耳を傾け、嬉野茶を味わうなどした。

 イベントは、日本茶栽培発祥の地とされる吉野ケ里町出身のピアニスト、KOSEIさんが「地元のために音楽の力で貢献したい」と申し出て、県菓業青年…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集