企業物価指数8.0%上昇 40年9カ月ぶり伸び 資源価格高騰で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本銀行本店=松倉佑輔撮影
日本銀行本店=松倉佑輔撮影

 日銀が11日発表した10月の国内企業物価指数(2015年平均=100、速報)は107・8となり、前年同月比8・0%上昇した。原油など資源価格の高騰や円安の影響を受け、上昇率は第2次石油危機の余波が残る1981年1月(8・1%)以来、40年9カ月ぶりの高さとなった。

 企業物価指数は企業間の商品取引の価格動向を示す。消費者が購入したモノやサービスの価格を反映する消費者物価に比べ、資源価格や商品需給の動向がより早く影響されやすいため、景気判断の先行指標となっている。

 107・8となった10月の指数は、86年2月(107・8)以来、35年8カ月ぶりの高さだ。新型コロナウイルス禍からの世界経済の回復に伴い、原油の供給が需要に追いつかない状態が続き、原油価格が高止まりしているのが主因だ。加えて、円安基調で輸入コストも膨らみ、企業物価を押し上げた。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1214文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集