在京民放5社中間決算 業績大幅に改善 広告回復、通期予想上げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本テレビ=曽根田和久撮影
日本テレビ=曽根田和久撮影

 在京民放キー局5社の2021年9月中間連結決算が11日、出そろった。新型コロナウイルスの流行で昨年落ち込んだテレビ広告が回復し、最終(当期)損益は全社が前年同期比で大幅に改善した。通期の業績見通しもそろって上方修正した。

 最終利益が最も大きかったのは、日本テレビホールディングス(HD)で184億円。前年同期の56億円の赤字から黒字転換した。番組と番組の間に流す…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

ニュース特集