維新が党規約見直し 「大阪優遇」改め、ローカル色払拭へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一郎・大阪市長
松井一郎・大阪市長

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は11日、党代表選への立候補に、地域政党「大阪維新の会」の推薦を必要とする党規約の条項を撤廃する考えを明らかにした。27日に開く臨時党大会で正式決定する。衆院選での躍進をきっかけに、大阪維新の会を優遇する現行の規約を改めて大阪ローカル色を払拭(ふっしょく)し、本格的な国政政党への転換を図る。

 現行の規約では、代表選に立候補できる対象を、国会議員や地方議員ら「特別党員」と定め、大阪維新の会の推薦を必要としている。松井氏は、党副代表やその他の常任役員に、大阪維新の会メンバーを優先的に充てる条項についても、見直す必要があるとの考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文545文字)

あわせて読みたい

ニュース特集