特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

医療機関向けコロナ補助金 「支給遅い」と国を損賠提訴 長崎の医院

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
長崎地方裁判所=松村真友撮影
長崎地方裁判所=松村真友撮影

 新型コロナウイルス対策の一環で、国が医療機関を支援するため設けた補助金の支給が大幅に遅れているとして、長崎市の本田内科医院が、国に未払いの補助金を含む約500万円の損害賠償を求め長崎地裁に提訴した。提訴は10月26日付。

 補助金は、新型コロナとインフルエンザの流行に備え、双方の患者に対応する発熱外来の診察室を整備した医療機関に支給されるもの。整備したにもかかわらず実際の受診者が少ない場合に、人数に応じ支援する。

 訴状によると本田内科医院は今年1月、補助金約290万円の交付申請書を厚生労働省に郵送した。厚労省の担当職員からは「3月末までに支払う」とメールで連絡があったが、これまでに一度も振り込まれていないとしている。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文609文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集