麻使った催し、多彩に 滋賀大生ら 工芸教室や室内装飾 愛荘 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀大生が県産品を集めたモデルルーム=滋賀県愛荘町愛知川で、伊藤信司撮影
滋賀大生が県産品を集めたモデルルーム=滋賀県愛荘町愛知川で、伊藤信司撮影

 愛荘町愛知川の近江上布伝統産業会館(ゆめまちテラスえち)で、滋賀大生や関係業者らが工芸教室や展示イベントを催している。「ポップアップアトリエ&ショップ」と銘打ち、上質な麻織物「近江上布」のほか、麻を使った多彩な小物やアクセサリーなどを紹介している。28日まで(月曜と祝日休館)。入場無料。

 滋賀大経済学部の学生6人は会場の一角に県産品を集め、モデルルームを設けた。近江上布のリネンやランチョンマット▽黒壁スクエア(長浜市)のグラスや一輪挿し▽クミノ工房(東近江市)の積み木▽信楽焼(甲賀市)のマグカップや皿――などが並んでいる。21日午後1~4時には学生らが麻の着物姿で和菓子店、料…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

あわせて読みたい

ニュース特集