パートナーシップ 来年、三原市が制度化 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三原市は、LGBTなど性的少数者のカップルを婚姻相当の関係と認める「パートナーシップ宣誓制度」を2022年1月1日から始める。宣誓者は市営住宅に入居できるほか、市外から転居してくる場合は住宅新築補助が受けられる。制度導入は広島市、安芸高田市に続き県内3例目という。

 カップルの双方か一方が市内に居住し、双…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文260文字)

あわせて読みたい

ニュース特集