NY株続落、158ドル安 新たな手掛かり材料乏しく、売り優勢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 ニューヨーク証券取引所=10月13日(AP=共同)
 ニューヨーク証券取引所=10月13日(AP=共同)

 11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比158・71ドル安の3万5921・23ドルで取引を終えた。米景気の重要指標などの新たな手掛かり材料が乏しかった中で、売りが優勢となった。

 娯楽・メディアのウォルト・ディズニーが動画配信サービスの成長鈍化が嫌気されて大幅に下落したこと…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集