特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ飲み薬160万人分確保へ 政府、第6波対策の全体像決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相=東京都千代田区で2021年11月11日、竹内幹撮影
岸田文雄首相=東京都千代田区で2021年11月11日、竹内幹撮影

 政府は12日、冬場に懸念される新型コロナウイルスの感染拡大「第6波」に備えた対策の全体像を決定した。今夏のピーク時から3割増の入院患者約3万7000人を受け入れられるよう、病床約4万5000床を確保するなどが柱。来年3月以降の職域を含む3回目のワクチン接種開始や治療薬の確保で感染リスクを下げ、経済活動を継続できる「新たな日常」を目指すとしている。想定以上に感染が拡大すれば国民に行動制限を求め、一般医療を制限することも明記された。

 同日午前、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部でまとめた。今夏の第5波のピークと比べ入院の受け入れが2割増えるとの条件で各都道府県に入院者数を想定し、必要な確保病床数を確保するよう求めた。9月時点の確保病床数から約6000床の上積みを見込む。約1800床は臨時の医療施設を活用する。自治体は11月末までに、個別の医療機関との間で病床数や受け入れ条件で合意を目指す。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文1009文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集