特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

中医協でヤングケアラー支援議論 「社会資源の活用、連携が必要」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 来春の診療報酬の改定を議論している厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)で、ヤングケアラー支援の議論が本格的に始まった。厚労省は12日の会合で、病院が福祉や介護、教育機関などと連携して支援につなげた場合に診療報酬を加算する方向性を示した。

 現行制度には、入院患者の退院後の生活環境を整えるため、病院が地域の福祉機関などと連携して支援に取り組んだ場合に、病院の診療報酬を加算する仕組みがある。厚労省はこの日、この支援の仕組みをヤングケアラー支援にも活用する考えを示した。具体的な加算基準は今後詰めるが、病院が入院患者の家族にヤングケアラーがいることを見つけ、ヤングケアラーに重い介護の負担がかからないような支援につながる取り組みをした場合に加算対象とすることな…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文849文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集