特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を決めたサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

月刊サッカー・リターンパス

前田の速さ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本代表が1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会への出場を目指していた時代、当時の加茂周監督が、あまり足の速くない某選手を評して「あいつはカメにブレーキだからなあ」と、苦笑いをしたことがあった。悪口ではない。加茂さん一流のジョークだ。

 思えば、当時の日本代表に、俊足と言える選手は少なかった。長髪と走る速さから“野人”と言われた岡野雅行さん(現ガイナーレ鳥取GM)くらいだ。

 それが「今や」である。MF伊東純也(ゲンク)とFW浅野拓磨(ボーフム)の常連組に加え、今回のW杯アジア最終予選では、FW前田大然(横浜マ)とMF三笘薫(サンジロワーズ)が加わった。スピードでは、なかなかのサイドアタッカー陣だ。中央を主戦場とし、スコットランドのセルティックで得点を量産中のFW古橋亨梧もDFラインの裏に抜ける速さがある。前線にこれだけの速さがそろうことは、日本代表の歴史でも珍しい。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文837文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集