水面に映るモミジ鮮やか 東本願寺の渉成園、初の夜間無料公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ライトアップされた渉成園=京都市下京区で2021年11月12日、山崎一輝撮影
ライトアップされた渉成園=京都市下京区で2021年11月12日、山崎一輝撮影

 東本願寺の飛び地境内地で国の名勝「渉成(しょうせい)園」(京都市下京区)が、13日から夜間無料公開される。月を映すほど静かな水面が広がる「印月池(いんげつち)」を中心とした池泉(ちせん)回遊式庭園で、モミジが赤く色付き始めている。12月8日まで。

 渉成園のライトアップは2018年から毎年開かれていたが、20年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止に…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

ニュース特集