NHK大河「青天を衝け」 三つの国旗を上下逆さで放送し謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都渋谷区のNHK放送センター=尾籠章裕撮影 拡大
東京都渋谷区のNHK放送センター=尾籠章裕撮影

 NHKは13日、大河ドラマ「青天を衝(つ)け」を7日に放送した際に、三つの国旗の向きが上下逆になっていたと発表した。13日の再放送で修正し、字幕で説明して謝罪した。

 7日の放送では、「安政の五カ国条約」を説明する場面で、黒衣の掲げていた五つの国旗のうち、オランダ、ロシア、英国の国旗が上下逆さまになっていた。NHKによると、放送後に国旗検証の担当者から指摘があり判明。13日の再放送では、国旗を掲げる黒衣の姿はなく、五つの国旗の正しい画像を放送した。

 NHKは「映像を修正するとともに、視聴者の皆さま、関係者の皆さまにおわび申し上げます」とのコメントを出した。

あわせて読みたい

注目の特集