大相撲九州場所、14日に初日 2年ぶり 力士は直前に福岡入り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
八角理事長らが出席した土俵祭=福岡市博多区の福岡国際センターで2021年11月13日午前10時9分、矢頭智剛撮影
八角理事長らが出席した土俵祭=福岡市博多区の福岡国際センターで2021年11月13日午前10時9分、矢頭智剛撮影

 大相撲九州場所初日を翌日に控えた13日、会場の福岡国際センター(福岡市博多区)で、場所中の安全を祈願する土俵祭が開かれた。昨年は新型コロナウイルスの影響で会場を東京・両国国技館に変更して実施され、福岡市での開催は2年ぶり。開催を知らせる触れ太鼓は会場の外へ出さず、街中にその音色が響くことはなかったが、博多の晩…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

ニュース特集