座ったまま着脱も 障害者ファッションショー 逗子 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
車椅子ユーザーらがモデルを務めたファッションショー=神奈川県逗子市で2021年11月12日、岩崎信道撮影
車椅子ユーザーらがモデルを務めたファッションショー=神奈川県逗子市で2021年11月12日、岩崎信道撮影

 障害のある人たちがデザインに関わって作られた服のファッションショーが12日、逗子市の逗子文化プラザであった。服は全て古着をリメークしたもので、モデルも障害者らが務めた。

 同市などの共催で開かれている「逗子アートフェスティバル2021」の一環。車椅子利用者が座ったまま着脱できるものや、ダンス用ドレスと紋付…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

ニュース特集