特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級1組 門倉五段、全勝相手に勝利 あと2勝で降級点、消去

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
門倉啓太五段
門倉啓太五段

 <第80期順位戦C級1組 門倉啓太五段VS黒田尭之五段>

 順位戦には三つの目標がある。昇級、残留、そして降級点の消去だ。降級点を消すには勝ち越すか、2期連続で5勝5敗が必要だ。

 では、2日に行われたC級1組6回戦から、門倉啓太五段(34)―黒田尭之五段(25)の将棋を見ていただこう。門倉は前々期に降級点を取り、前期は5勝4敗で迎えた最終戦で負けて降級点を消せなかった。対する黒田はC1初参加ながらここまで4戦全勝だ。

 戦型は、門倉がここ数年愛用している雁木(がんぎ)に。先手雁木は密(ひそ)かに流行していて、NHK杯では深浦康市九段が藤井聡太王位に圧勝している。対して黒田は早繰り銀から速攻するが、門倉も反撃して第1図。桂得確定で先手優勢に見えるが、黒田もうまく粘る。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1408文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集