カニ漁船が大砲引き揚げ 旧日本海軍のものか 北海道・神威岬沖

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
引き揚げられた旧日本海軍のものとみられる大砲(江差海上保安署提供)
引き揚げられた旧日本海軍のものとみられる大砲(江差海上保安署提供)

 11日午前6時半ごろ、北海道積丹町の神威(かむい)岬の北西約30キロ沖合で、操業中のカニかご漁船「第78宝樹丸」が漁具のロープに絡まった大砲を引き揚げた。江差海上保安署によると、砲身約2メートル。銘板には軍需工場を示す「呉海軍工廠(しょう)」のほか、「四十口径」「三吋(インチ)砲」、「明治三十九(…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集