連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

東京・天王洲「バンクシー展」 作品と描かれた路上も 空気感を体感、世界15カ所再現

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パレスチナ自治区ベツレヘムの壁に描かれた、花束を投げる男(奥)。高さは約5メートル、現地の雰囲気も再現している=東京都品川区で2021年11月4日、平林由梨撮影
パレスチナ自治区ベツレヘムの壁に描かれた、花束を投げる男(奥)。高さは約5メートル、現地の雰囲気も再現している=東京都品川区で2021年11月4日、平林由梨撮影

 その一挙一動がニュースになる数少ないアーティスト、バンクシー。東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルでその活動の一端を見せる「バンクシーって誰?」展が開かれている。平日でも入場待ちの盛況ぶりだ。

 バンクシーといえば2018年、少女と赤い風船を描いた作品が、オークションで1億5000万円で落札された直後に額に仕込まれたシュレッダーで裁断される「事件」が話題になった。東京都港区の防潮扉にバンクシーのものと思われるネズミの絵が見つかった時は小池百合子知事がツイッターで紹介し、新聞を含むメディアが大々的に報じた。

 1990年代にイギリスの港町、ブリストルでグラフィティ活動を始めたとされるバンクシーは、素性を隠し続けている。多くの人の口の端に上るのは、神出鬼没の正体がいまだ不明ということに加え、バンクシーが発する貧困や紛争、難民問題や行き過ぎた資本主義への明快なメッセージや鋭い社会風刺にゆさぶられるからだろう。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文924文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集