米大リーグ 二刀流、もっと高みへ エンゼルス・大谷、来季も継続明言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米大リーグで今季、投打の「二刀流」で新たな歴史を切り開いたエンゼルスの大谷翔平選手(27)が15日、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。メジャー4年目で初めて大きな故障もなく投打でフル回転し、右肘の手術から完全復活した今季を「必ず投げられるようになると思って、焦りはなかった」と振り返り、二刀流の継続については「ここまで頑張ってきたし、もっと高く行ける」と自信をのぞかせた。

 10月にロサンゼルスから帰国後、大谷が公の場に姿を現すのは初めて。グレーのスーツ姿でフラッシュを浴びながら登場し、最初は緊張した面持ちだったが、質問者を見ながら丁寧に回答した。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文998文字)

あわせて読みたい

注目の特集