特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

文通費 在職1日でも100万円 維新、衆院選当選議員から徴収し寄付へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松井一郎・大阪市長
松井一郎・大阪市長

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は15日、10月31日投開票の衆院選で当選した所属議員に支給された10月分の文書通信交通滞在費(文通費)100万円を、党が集めて寄付する方針を明らかにした。寄付先には、新型コロナウイルスの困窮者や被災地に届く方法を検討している。国会議員として月に1日でも在職すれば満額を受け取れるため、議員の待遇を見直す「身を切る改革」を訴える維新が問題視していた。

 衆議院事務局によると、文通費は歳費や期末手当と別に、文書の発送などに充てる名目で毎月100万円が支給され、初当選した議員にも10月分がすでに支払われている。使途を公開する必要もない。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文554文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集