萩生田経産相、経団連に賃上げ要請 十倉会長「一律にはできぬ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
萩生田経産相との会談後に記者団の質問に答える経団連の十倉雅和会長=東京都千代田区で11月15日、山口敦雄撮影
萩生田経産相との会談後に記者団の質問に答える経団連の十倉雅和会長=東京都千代田区で11月15日、山口敦雄撮影

 萩生田光一経済産業相は15日、経団連の十倉雅和会長と会談し、積極的な賃上げを要請した。十倉氏は「一律にはできないが、賃上げのモメンタム(勢い)は堅持していく」と応じた。具体的な賃上げ率の提示はなかったという。

 「新しい資本主義」の実現を掲げる岸田政権は「分配」を重視しており、会談では萩生田氏が賃金上げを実施した企業に対する税制支援の強化など、政府の方針を説明。中小企業の給…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

ニュース特集