鹿児島2例目鳥インフル、9200羽を殺処分 1例目は高病原性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鹿児島県出水市
鹿児島県出水市

 鹿児島県は15日、出水市の養鶏場で新たに高病原性の鳥インフルエンザの陽性を確認したと発表した。飼育している採卵鶏約9200羽を殺処分した。今季は既に市内の別の養鶏場で確認されており、県内2例目。農林水産省は1例目に関し、遺伝子検査で「H5N1型」の高病原性と判明したと明らかにした。

 県によると、2例目の養鶏場は13日に1例目が確認された農場から約2・5キロ。半径10キ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集