全国高校駅伝

県予選 男子は伊賀白鳳が圧勝 女子は宇治山田商、雪辱V 両監督の話 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

力ついたと実感 伊賀白鳳・中武隼一監督

 想定に近いタイムで走ってくれ、力がついたと感じる。全国大会では自分たちの力を出し切ることに集中し、県の代表として応援されるチームづくりをしたい。

全員ベスト発揮 宇治山田商・福井竜一郎監督

 それぞれがベストを出し、チームで優勝を勝ち取れた。20年ぶりの全国大会。チャレンジの気持ちで、全員がベストなコンディションで挑めるようにしたい。

〔三重版〕

あわせて読みたい

注目の特集