原油高騰受けた減税「トリガー条項」 凍結解除を否定 官房長官

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松野博一官房長官
松野博一官房長官

 松野博一官房長官は16日午前の記者会見で、原油価格の高騰を受けた消費者らの負担軽減策として揮発油税などを減税する「トリガー条項」について、「ガソリンの買い控えや反動による流通の混乱、国・地方の財政への影響があることから、凍結解除は適当ではない」と述べ、週内にまとめられる経済対策に盛り込まない考えを…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

ニュース特集