JR東日本、新幹線で初の自動運転試験 運転士不足の解消に期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新幹線のE7系車両を使ったJR東日本の自動運転試験が17日未明、報道各社に公開された。自動運転は在来線の一部ですでに実用化されているが、新幹線については開発段階にある。新幹線の営業用車両を使った自動運転の試験は全国初とみられる。実用化すれば、運転士不足の解消に役立つと期待されている。

 この日の試験は16日の営業運転終了後、17日の営業運転が始まるまでの時間を利用して実施した。自動列車運転装置(ATO)を搭載し、安全確認を済ませた12両編成の回送車両が上越新幹線新潟駅―新潟新幹線車両センター間(約5キロ)を3往復、走行した。

 試験車両は報道関係者約20人を乗せて午前1時50分に出発。加速と減速を繰り返しながら10~100キロ程度の速度で走行し、約5キロの区間を片道10分程度かけて行き来した。JR東の担当者は、通常運転時と同程度とされる、決められた停止位置から誤差50センチ以内に停車できるかどうかなどを確認。運転席には不測の事態に備えて運転士が乗車したが、自動運転中にハンドル操作をする機会はなかった。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文916文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集