連載

理の眼

ジャーナリストの青木理さんのコラム。権力を監視する眼が光ります。大阪本社版夕刊連載。火曜日更新。

連載一覧

理の眼

沖縄を見ぬこの国の病=青木理

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青木理さん=根岸基弘撮影
青木理さん=根岸基弘撮影

 昔から沖縄の新聞にはできるだけ目を通すようにしてきました。それは本土に暮らしていると気づかない、しかしとても大切な記事がしばしば掲載されるから。かつて通信社の記者だったころは数日遅れで社に届く琉球新報と沖縄タイムスを待ち、以後は大型図書館で読んだりしていましたが、今はネットで読めるのですから、ずいぶん手軽。今朝(16日)はこんな記事に驚かされました。

 <成田空港で陽性、そのまま那覇へ コロナの米軍関係者、隔離されず>(琉球新報)。同様の記事は沖縄タイムスも掲載していて、簡単に要約すれば、成田空港から入国した米軍関係者の男性の新型コロナ陽性が判明したのは先月のこと。男性は本来、在沖縄米軍基地所属だというのに、横田基地所属だと申告して入国してしまったというのです。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文923文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集