連載

けいざいフォーカス

毎日新聞デジタルの「けいざいフォーカス」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

けいざいフォーカス

コロナ禍に「安心の旅」 キャンピングカー需要急増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
キャンピングカーの前に立つナッツの荒木賢治社長=福岡県遠賀町で
キャンピングカーの前に立つナッツの荒木賢治社長=福岡県遠賀町で

 キャンピングカーの人気が高まっている。業界団体によると、2020年の売上高は過去最高の582億円に上った。新型コロナウイルス禍の中、密を避けながらレジャーを楽しめる点が注目され、リモートワークや災害時の避難手段など活用の幅も広がる。普及を支援しようと、国会議員も立ち上がった。

 「安心できる空間で旅を楽しみたい人が増えている」。キャンピングカーの製造・販売など約130社が加盟する「日本RV協会」(横浜市)の藤井昭文広報部長はこう話した。20年の売上高は前年比で1割増え、この10年間では約2・7倍に拡大した。東日本大震災以降、有事の避難場所として検討する人も多いという。

 昨年11月に購入した熊本市の男性(45)は「人との接触を避けつつ、休憩しながらキャンプや旅行を楽しむことができる」と魅力を語った。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1003文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集