特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・母校をたずねる

静岡県立掛川西高/7止 卒業生、それぞれの思い出 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
掛川城(右上)に寄り添うように建つ静岡県立掛川西高の校舎=掛川市城西で2021年11月4日午前10時45分、福沢光一撮影
掛川城(右上)に寄り添うように建つ静岡県立掛川西高の校舎=掛川市城西で2021年11月4日午前10時45分、福沢光一撮影

 10月から11月にかけて連載した「母校をたずねる」の静岡県立掛川西高編に多くの卒業生の方から反響が寄せられました。最終回は手紙やメールでいただいた「私の思い出」の一部を紹介します。【まとめ・福沢光一】

「いざ!甲子園」 田畑喜三郎さん(73)=1965年度卒、東京都江東区

 2年生の時(64年)に同期の多くがレギュラーだった野球部が夏の甲子園に誘ってくれました。

 応援団は深夜の列車で上阪。開会式直後の第1試合での八代東高校(熊本県)の池田純一投手(元阪神タイガース)と掛川西高校の山崎道夫投手との投げ合いは球史に残る延長18回無得点で再試合になりました。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1952文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集