高市早苗氏、児童手当の所得制限見直しに言及 世帯合算も検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党の高市早苗政調会長
自民党の高市早苗政調会長

 自民党の高市早苗政調会長は17日の政調全体会議で、児童手当の所得制限について「世帯合算でやったほうがいいという声もある」と述べ、見直しを検討する考えを示した。今後、党少子化対策調査会(衛藤晟一会長)で議論する。

 児童手当の所得制限は、政府が19日に決定する10万円相当給付の要件に援用される。高市氏は10万円相当給付の要件が「主たる生計者の年収が960万円未満(夫婦と子供2人の場合)」となることについて「大変不…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

ニュース特集