ウガンダ首都で連続自爆テロ 3人死亡、33人負傷 ISが犯行声明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ウガンダの首都カンパラ中心部で16日、連続自爆テロが起き、AP通信によると市民3人が死亡、少なくとも33人が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)が系列メディアを通じて犯行声明を出した。

 爆発は警察署や国会議事堂の近くで相次いで起き、議員らも一時避難したという。現場では割れたガラスの破片が散乱…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

ニュース特集