姫路の養鶏場で鳥インフル 15万5000羽の殺処分を開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
殺処分のため養鶏場に入る兵庫県職員ら=同県提供
殺処分のため養鶏場に入る兵庫県職員ら=同県提供

 兵庫県は17日、姫路市の養鶏場の鶏から高病原性の鳥インフルエンザの陽性を確認し、同場で飼育する採卵鶏約15万5000羽の殺処分を始めたと発表した。今季の養鶏場での発生確認は秋田、鹿児島に続き3県目。

 兵庫県畜産課によると、16日午後4時ごろ、養鶏場から「死ぬ鶏が急に増えた」と姫路家畜保健衛生所に通…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

あわせて読みたい

ニュース特集