史実と生活感にこだわり 旧グラバー住宅がリニューアルオープン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
リニューアルされた旧グラバー住宅の外観=長崎市で2021年11月17日午前11時21分、中山敦貴撮影
リニューアルされた旧グラバー住宅の外観=長崎市で2021年11月17日午前11時21分、中山敦貴撮影

 長崎市の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成するグラバー園内の「旧グラバー住宅」が18日、リニューアルオープンする。17日に報道関係者向けの内覧会があり、住宅の内部が公開された。

 旧グラバー住宅は1863年に建てられた現存する国内最古の木造洋風建築で、英国商人トーマス・グラバー(1838~1911年)が暮らした。

 長崎を代表する観光名所として人気を博してきたが、老朽化のため3年前に半世紀ぶりに大規模改修を開始。耐震補強や外壁の塗り直しだけでなく、最新の史料研究に基づき「史実」と「生活感」にこだわって改装し、住宅内部の展示内容も一新した。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集